広島180kmママチャリの旅

前日譚

私の愛車は近所の自転車店で買った1万6000円のママチャリです。
点灯虫(オートライト)付き。

元来自転車でどっかに行くのは割と好きな方で、3月頃にも下宿の松山市某所から国道317号経由でイオンモール今治新都市までいって帰ってくるということをしていました。
その時にもしまなみ海道経由呉行き、そして呉からフェリー帰宅という今回のルートと同じ物を構想して来島海峡大橋の途中まで行ったものの、バイトまでの残り17時間でそれをするのはとてもじゃないが困難だということに気づき、やめたという経緯があります。

今回はそのリベンジというわけです。

松山-今治

ここは正直ジャブみたいなもんでした。
オールナイトニッポンをスピーカーで流しながら下宿を出たのは深夜2時。もちろん徹夜です。
前回と同じ轍(峠越えで疲労困憊)は踏まないよう、今回はR196ルートで向かいます。

5時前には波止浜に到着しています。
約30~40kmを3時間で走破しているのでまあまあいい感じでしょう。

しまなみ海道

だいたい夜明けの時間と被ったので朝焼けの中の来島海峡を渡ります。

この辺はまだ余裕があるのでSwarmチェックインもガンガンやってます。まあ出発から4時間しかたってないので当たり前ですが。

実際しまなみ海道は余裕だったのです。そりゃサイクリングを念頭に置いてる道なので当たり前です。70kmあるとはいえ、今回私も6時間程度で走破できています。

尚、向島ー本州間は駅前渡船を利用しました。

尾道ー三原

ここからしばらくは国道2号線をひたすら西に向かいます。
距離的には岡山に行くのも広島に行くのも変わらないのが尾道という街です。

三原のイオンで携帯を充電し、少し休んでからまた動きます。詳細な時間は覚えていません。

地獄@三原市小梨町

三原以西のルートは東広島市西条経由の国道2号ルートと呉経由の国道185号ルートの2つがあります。
2号ルートは西条辺りに向かってずんずん上っていき、そして下るというもので、一方の185号は海沿いをひたすら進むというものです。
距離的には2号の方が大分短かったので、2号ルートを選択して三原市街地を後にしました。

2号はトラックが多い上、ただひたすらに西条まで上っていくルートでした。
これの何が問題かというと、トラックの風が元もとある向かい風を増幅、そして上り坂との相乗効果でちっとも進まないという状況を生み出したというところにあります。

ここで私はこのまま進むことは困難だと思います。

国道2号から県道369号に転進、竹原市街地までおりて国道185号を進むことを決心しました。

こちらも大概な地獄ではあったのです。
出発から13時間経過しているのもあって疲労困憊のなか、185号も途中までは上りが続く道でした。(これについては一応転進前には把握していたのですが。)

なにもない山の中をひたすら上り続けるというのはかなり過酷でした。ほとんど自転車からおり、押して上るのが数時間続いていたように思います。

その中でちょうど数kmぶりの自販機を発見して飲んだCCレモンの味は格別でした、おそらくそこにあった会社が設置したと見られる自販機に救われ、ほとほとと自販機側面に記載があった会社に感謝したのは言うまでもありません。

尚、30分後には竹原市内に降りることができたようです。

国道185号

問題はここまで来ると疲労困憊なのと既に16時なので先を急がないとまずいという感覚で呑気にSwarmチェックインをしていないことです。Googleによれば3時間自転車をひたすら漕いでいたようです。

一応この時点までは最終目的地は広島駅に設定していたのですが、残り60kmともなると6~7時間かかるということが脳裏に浮かび出します。
計算すると広島到着が23時。なかなか厳しい状態にあることは確実。
ここまで来ると泊まりは確定として、泊まりの場所も含めてどうしようという状態になっています。

走りながらプランを練っていました。
プラン1:広島直行
プラン2:呉港から広島港行きのフェリー、自転車も載せて利用。帰りは宇品から松山に一緒に帰る。
プラン3:呉で自転車を乗り捨て、電車で広島に向かう。帰りは呉で自転車を回収し、共に乗船。

今回はプラン3をとりました。

呉市広

広までやってくると、呉までに切り上げたことで余裕が出てきたのかSwarmチェックインが増えます。市街地に入って信号待ちが増えたという要因もありそうですが。

実際広の町は割と大きいという印象でした、今治なんか目じゃない町並みなんじゃないでしょうか。四国ってのは悲しいもんですね。

休山トンネルはすごかったです。これで無料とは思えない出来。めちゃくちゃ長いのが玉に瑕ですが。

と思っていましたが、4車線化したのは割と最近だったようです。

到着と顛末

とりあえず呉で自転車を降り、駅前の市営駐輪場に自転車は置きました。

結局この日は広島市内のホテルに宿泊し、翌日宮島に路面電車で出かけてちょいちょい観光しつつクレアラインで呉に戻り、松山に戻ってきました。

松山観光港から自宅まで地味に10kmあったのが伏兵でした。