急速充電は心の余裕

急速充電は心の余裕

急速充電は心の余裕です。偉い人にはそれがわからんのです。
そんな話はおいといて、今回はAnkerの急速充電対応の充電器を買ってみたよってお話です。

商品のご紹介

パッケージはこんな感じでした。左に写ってるのは一緒に買ったType-C to Lightningです。
今回の箱
中身はこんな感じ

本体を除く同梱物はケーブルを巻く用のマジックテープ、電源ケーブル、あと貼り付け用の3Mの両面テープと行った具合です。
あとはAnker製品おなじみのHappy?って書いてる紙ですね。
少なくとも今の僕はHappyではないですが。

USB-C*1 USB-A*1
横から見たところ
横から見たところその2

出力は5V3A,9V3A,15V2A,20V1.5Aに対応しています。USB PDとしては30Wまで給電といったところです。
4ポートあるUSB-Aのほうは5V2Aまで対応です。
30Wということで、MacBookAirくらいならこれでも給電できそうです。

こっちが本題

まあこれは他ポート充電器であると同時に急速充電器なわけですが、利用用途は後者が多めです。
5台も同時に充電することなんてめったにありません。

私は年明けにiPhone11を買いましたが、それは何だかんだUSB PD互換の18W給電に対応してます。
USB-C to CではないのでUSB PDそのままではないのが悲しいところですが。(iPhoneだけだよ?!)

この18Wの急速充電をかけると1時間半とかでほぼ無の状態から80%とかにまで回復するんですよね、そしてiPhone11さんはあんま使わなければ2日は余裕で持ちます。

もともと買い換えてからあんまり充電は気にしない生活をしてましたが、これでさらにそれが加速したといった具合です。

何がいいたいかって?5V1Aはそろそろ卒業してもいいと思います、そういったところです。

余談

これをPDポートにつなぐと一回充電が始まり、再度充電がスタートするって挙動を取ります。
おそらく最初は5V1Aで給電し、その後に通信して18Wでの給電を開始するとかって挙動になってるんでしょう。知らんけど。

ちなみに今回買った奴はこちらです。セールで2799円でした。
これに限らず充電器系はタイムセールで割と安くなるので、セールの時に買うのがおすすめです。

#